【スタッフ体験記】スタッフ中川の突然のぎっくり腰からの回復体験記~⑤ぎっくり腰から3か月・衝撃のぎっくり腰再発と再出発~

スタッフの中川です。この体験記では、腰痛・ぎっくり腰になってしまった方はもちろん、腰痛には無縁な方にも今後、腰痛に悩まない為の有益な情報をお届けします。
無縁だと思われたぎっくり腰はいかに起こったか、またその後、いかにして改善に向かっていったかをシリーズにてご紹介しています。

【前回までのあらすじ】

前回記事:体験記④「ぎっくり腰から2か月後」はこちら

ぎっくり腰から徐々に回復し、腰痛を自力で改善することを決心し、スポーツジムへ再び訪れるスタッフ中川。トレーニングの猛者たちからは「君のぎっくり腰は当然の結果だ」と言われ、自称筋トレ女子の自信が脆くも崩れ去ってしまったのでした。パーソナルトレーナーを味方につけ、腰痛に良いとされるトレーニングをおこなうことで腰痛改善に向かったかの見えたのですが‥‥。

【腰痛改善トレーニングを1か月続けた結果】

Steve BuissinneによるPixabayからの画像


ぎっくり腰から2か月経って、トレーニングを開始。
トレーニング開始から1か月後の状況

《効果》
・座っていても立っていても、腰に負担をかけない姿勢が保てるようになった
(これまでは無意識に片方の足に重心をかけたり、猫背や反り腰になっていた)
・長時間の座り姿勢も以前ほど辛くない

《体幹が安定することで得られた副次的な効果》
・足元のふらつき/つまずきがなくなる
・姿勢が良くなって、お腹の肉や背中についていたお肉が減った

この調子で筋トレを続けていけば筋肉のコルセットが私の腰を守ってくれるのだと信じていました。

【腰痛を忘れるくらい没頭してしまった】

あれはお正月のことでした。人生初のIpadを購入し、ゲームをしたり動画をみたりとIpad三昧の日々を過ごしていました。特にハマったのが、絵をかいたり色を塗ったりするアプリ。
絵を描くのは十数年ぶりで、どうも筆が止まらなくて・・・・

この絵をかいたり塗ったりが想像以上に楽しく・・・

わが社の姿勢矯正ベルト 商品番号:styleup-V0004をつけた中川君という謎キャラのスタンプ作成を作成してみたり・・・(スタンプは売ってません)

こんな姿勢での作業が1日8時間、多いときで12時間(!)。ほとんど食事もとらず、約5日間をこの姿勢のまま過ごしました。(※超大作を作っていたわけではありませんが笑)

【嫌な予感】

さすがにあの座りっぱなしの姿勢が5日も続いたので、体中が痛い痛い。

せっかくトレーニングの習慣がついたのに、足が座った姿勢で固まったみたいにまっすぐ伸ばせません。
太腿の裏側とお尻がかなり痛いうえに、肩も腰も痛いのです。
しばらくはぎっくり腰1週間後のこの姿勢で過ごすことになりました。

ややぎこちない姿勢プラスよちよち歩きの「ぎっくり腰から1週間後の様子」

【そしてアレは突然やってくる】

ある時、何気なく落としたカギを拾おうと腰をかがめた時の事。

再びあの衝撃が走ったのです。


なんと再びぎっくり腰で倒れてしまったのです!

しかもコンビニの駐車場で・・・・
とりあえずその日はすぐに家に帰り、安静の為、自宅療養をしていました。


【次の日、整体へ行く】

・・・見てください、このひどい姿勢を。
もう、この角度から体を起こすことが出来ないのです。



さて、知り合いがたまたま整体をやっているというので、ぎっくり腰2日目のひどい状態でしたが訪問することにしました。


知人「いらっしゃいませ・・・え?大丈夫?動けるの?」
私「はい・・・なんとかここまで来ることはできました・・・」



整体の先生もびっくりの状態で来店した私をゆっくりベッドへと誘導してくれました・・・・

【整体でやったこと】


私の体を触ってもらったところ、背中の筋肉とお尻・太腿の外側(大腿筋膜張筋という)がかなり硬くなっているとのことで

とにかくお尻の筋肉、太腿、背中、腰椎周りを土偶でも作るかのような手つきで整えてくださいました。

まさにこの絵のとおりの施術です。

整体師歴?年のプロに手技や電気を通す機械などあの手この手をつくしてもらい、帰りは随分と楽になりました。

【整体を受けて】

整体に行った時のポイントは、

整体師さんにぎっくり腰以前の腰の状態や姿勢など事細かく伝えることです。そこに原因を見つけて、解決の糸口を素早く見つけてくれるからです。




今回は筋力不足ではなく、筋肉のこわばりが引き起こしたのでしょうか、適度なマッサージで以前よりも回復が早くなったように思います。



また、次のようなアドバイスをもらいました。

「長時間の同じ姿勢は筋肉をこわばらせ、可動域を狭める。腰痛は下半身、特に股関節周りや背中周りが硬くなるとひどくなるのでストレッチをしてください。」(ざっくり)

【体が硬い事の関連性を考えてみた】


最近は、同じ姿勢が続いていたのと筋トレ時のストレッチをおろそかにしていたことを思い出しました。


ちょうどお昼過ぎ、ワイドショーで相撲の話題を見ながらストレッチをしていた時にふと疑問がわきました。


「相撲取りって、膝の痛みをかばって土俵に立つ光景は見かけるけど腰の痛みをかばっているって聞いたことがない・・・

お相撲さんって股割りして股関節まわりを柔らかくするけど、整体でも言われたように股関節周りの硬さと腰痛ってやっぱり関係してるって事じゃない???

【ストレッチも入念にやってみた】

柔軟性についての確信が出てきた私は、トレーニングに加え、入念なストレッチや筋膜ほぐしに取り組むことにしました。

ストレッチボール(マッサージボール) 商品番号:styleup-V0041

ストレッチポールでほぐしにくい肩回りや内ももはこのボールで。

あまり知られていませんが、ゴルフボールみたいに硬すぎるものだとアザになるし、衣類の上からだと生地を痛めます

ボールは硬さ選びも重要です。
足裏にもどこにでも使えて、バッグに入れておくと便利です。

【ぎっくり腰再発から2週間後】


さて、ぎっくり腰再発からストレッチをはじめて2週間。
椅子に座るのも精いっぱいでしたが、座るのも苦にならないくらいまで改善していきました。
回復が早いのも、以前から行っていた体幹トレーニングの賜物かもしれません。



腰痛度:60(ぎっくり腰時を100とする)
※なんと1度目のぎっくり腰時の2か月後の数値と同じ

以前は、常に腰のことを心配しながら生活していたのが、
今ではほとんど腰のことを気にせず「立ったり、座ったり、歩いたり、スーパーで沢山買い物して荷物を運んだり」といわゆる『フツーの生活』ができるようになりました。

【まとめ】

衝撃のぎっくり腰から3か月以上たった今や新しくゴルフを始めるまでに回復しました。

腰痛が慢性化していたので気づかなかったのですが、
実は腰の痛みが原因で色々なことを諦めていたり、痛みそのものが実はものすごくストレスになっていたことを回復した今、実感しています。

そして言えることは

諦めなくてよかった!

ということです。


無我夢中で自分なりに何としてでも腰痛を克服するんだと、あれこれ試してお金も時間も沢山費やしてきましたが、ようやく自分なりの腰痛改善方法に自信が持てるようになりました。

今、周りに腰痛に悩む人がいれば、「腰痛改善への近道」として私の実践した方法を率先して教えたいくらいです。

《腰痛改善に覚えておきたい大切なこと》
・ぎっくり腰は誰にでも起こる
・病院は行った方が安心(腰痛の原因が他にあるかも)
・柔軟性が特に重要
・腰を守る最低限の筋肉が必要
・同じ姿勢は絶対にダメ
・腰痛はグッズで改善・予防できる!(ただし信頼できる会社の商品に限る)


そして・・・

・腰痛は自分で改善できる


自分の腰痛はどこから来るのかをきちんと把握したうえで、腰痛改善トレーニングを継続することで必ず良くなります!


決して諦めないでくださいね!

今、腰痛にお悩みの方も、これから腰痛になるかもしれないと心配な方も是非、私の体験記を参考にしていただければ幸いです。